ハクビシン駆除を行なった後は侵入を予防するための対策が必須

許可や資格がなければハクビシン駆除をすることはできない
許可や資格がなければハクビシン駆除をすることはできない

夜中の騒音被害に悩まされない~ハクビシンの侵入を防ぐ~

ハクビシン

ハクビシン駆除を行なった後も、予防対策をすることでハクビシンの侵入を防ぐことができます。ハクビシンの侵入を防ぐために用いられる方法には様々なものが考えられるでしょう。ここでは3つの予防対策を紹介していきます。

有効な対策方法


夜中の騒音被害を対策する方法は?
ポイントは3つあります。まず1つ目は、ハクビシンに寝床を作らせないことです。屋根裏は特にハクビシンの寝床になりやすい場所なので気をつけましょう。2つ目は、侵入経路をなくすことが挙げられます。自宅の直ぐ側に木があるのであれば、剪定して屋根に近づけないようにしましょう。3つ目は餌場を作らせないことです。自宅の周辺はハクビシンの餌がないような環境にしましょう。自宅に侵入させないことが、問題の根本的な解決へと繋がります。
専用のアイテムとかありますか?
ハクビシン駆除業者が使うアイテムに、忌避剤や捕獲器などがあります。他にも電気柵や青色LEDストロボなどがあります。駆除の際に、ハクビシン駆除の許可や資格がないのであれば、忌避剤を使うことをおすすめします。忌避剤であれば、ハクビシン駆除の許可や資格も必要ありません。

ハクビシンが自宅に侵入しないようにするためには、具体的な予防策が必要となります。そもそもハクビシンが自宅に侵入さえしなければ、なんの問題もないわけです。ですからハクビシンが侵入してこないように徹底的に対策を施しましょう。

保証つきの業者を頼る

ハクビシン駆除を依頼する時は、保証付きの業者を頼るようにしましょう。保証付きの業者にハクビシン駆除を行なってもらえば、一定期間保証が付きます。この保証期間内であれば、ハクビシンがまた侵入してきたとしても無料でハクビシン駆除をしてもらうことができるのです。

TOPボタン